Recent Posts

Photographer’s Bag to carry your Dream<br>ドローストリングスタイルに目覚める

Photographer’s Bag to carry your Dream
ドローストリングスタイルに目覚める

とあるカメラバッグを試用中だ。写真家のハービー・山口氏とDOUBLE O DESIGNBO […]

Forever EOS-1D Mark III<br>なぜ15年も使い続けたのか

Forever EOS-1D Mark III
なぜ15年も使い続けたのか

EOS-1D Mark III 写真・文=澤村 徹   ブツ撮り用機材として使ってきたEO […]

The Challenge with Leica M11 and DR Summicron <br>DRズミクロンでメカシャッターを切る

The Challenge with Leica M11 and DR Summicron
DRズミクロンでメカシャッターを切る

  先日、ライカM11でDRズミクロンを使うという記事を公開した。内部干渉にビビ […]

Leica M11 with Super-Angulon and DR Summicron <br>ライカM11で新たにできること

Leica M11 with Super-Angulon and DR Summicron
ライカM11で新たにできること

  ライカM11を入手した。冷静さを失わないと買えないほどにお高いカメラだが、発 […]

Leica M10 Infrared Photography <br>ライカM10で赤外は撮れるのか?

Leica M10 Infrared Photography
ライカM10で赤外は撮れるのか?

  ライカ仲間からライカM10で赤外が撮れると聞き、早速試してみた。周知の通り、 […]

Light Lens Lab E 50mm F2 <br>周エルカンのプロトタイプを試写

Light Lens Lab E 50mm F2
周エルカンのプロトタイプを試写

  周八枚で鮮烈デビューしたLight Lens Lab、その第2弾となる周エル […]

無一居 院落 P1 50mm f1.9 <br>視野崩壊する悪魔のレンズ

無一居 院落 P1 50mm f1.9
視野崩壊する悪魔のレンズ

  無一居から復刻レンズの第2弾、院落 P1 50mm f1.9が発売になった。 […]

FRED HERZOG MODERN COLOR <br>写真集に落ちた視界を拾う

FRED HERZOG MODERN COLOR
写真集に落ちた視界を拾う

  写真家の田中長徳さんがSNSでフレッド・ヘルツォークを紹介していた。たぶん、 […]

SIGMA fp Firmware Ver.3.00<br> オールドレンズ専用機化計画

SIGMA fp Firmware Ver.3.00
オールドレンズ専用機化計画

  SIGMA fpのファームウェアVer.3.00が公開になった。SIGMA […]

Triotar 8.5cmF4 <br>外爪コンタックスCで距離計連動

Triotar 8.5cmF4
外爪コンタックスCで距離計連動

  オールドレンズ界隈では、「諦めが肝心」という場面が多々ある。その冴えたる例が […]


FEATURED POSTS

Photographer’s Bag to carry your Dream<br>ドローストリングスタイルに目覚める

Photographer’s Bag to carry your Dream
ドローストリングスタイルに目覚める

Photographer’s Bag to carry your Dream 写真・文=澤村 徹


とあるカメラバッグを試用中だ。写真家のハービー・山口氏とDOUBLE O DESIGNBOOKがコラボしたカメラバッグ。ハービー・山口氏をイメージしてデザインしたカメラバッグだという。2022年8月中旬までクラファン中なので、製品やコラボの詳細はクラウドファンディングのサイトを見ていただくのがいいだろう。

さて、このカメラバッグの最大の注目点は巾着タイプ(ドローストリングスタイル)という点だ。カメラバッグの開口部はジッパーやフラップがお約束。巾着式のバッグはめずらしい。理由は簡単で、カメラという高級機材を収納する性格上、巾着式だとセキュリティー面で不安があるからだ。もちろんこのバッグはそんなことを百も承知で、あえてこのスタイルを選んでいる。何しろ巾着式だとカメラの出し入れが圧倒的にスムーズなのだ。

カメラバッグの巾着を絞ったところ。柔らかい革を使っているので、ギュッと絞り込める。外からバッグの中身はわかりづらく、セキュリティー面でさほどナーバスになる必要はないだろう。


開口部は大きく開くことができ、カメラやレンズを取り出しやすい。開口部からバッグ内部にかけて金属パーツを使っていないため、出し入れでカメラが傷つく心配も少ないだろう。


ジッパーやフラップはどこかしらに金属パーツがあり、カメラと金属の接触に気をつかう。ライカのような高級機材を使っている人だとカメラの出し入れは相当慎重になるはずだ。これでは使いたいときにすばやくカメラを取り出せない。

だからこそ巾着式なのだ。ガバッと開口部を広げ、気負わずにカメラを取り出せる。仕舞うときもドローコードをギュッと引っ張るだけでいい。昨今、カメラを提げているだけで周囲から視線を感じることもある。速やかにカメラを取り出し、速やかに仕舞える巾着式は、カメラを取り巻く時代性ともマッチするだろう。


インナークッションはパーティションとレンズピローケースがひとつずつ付属する。作り込みがていねいなうえに褪せたグリーンがかっこいい。ワンサイズアップしたものを単体発売してほしいぐらいだ。


基本的にはレンズ付きのライカと交換レンズ1本の収納を想定したインナークッションだが、レンズ付きライカ2台が余裕で収納できた。側面のポケットに小物を整理収納できる。


今回収納したカメラは、貴婦人付きのライカM11(ビゾフレックス2装着)と、周八枚を付けたライカMタイプ240だ。2台持ちならレンズ交換せずに焦点距離を切り換えられる。


このカメラバッグを試用して閃いたことがある。それはハンドストラップの活用だ。カメラの出し入れが快適なこのバッグなら、もはやネックストラップでカメラを提げるまでもない。ハンドストラップでテンポ良く撮って仕舞ってをくり返せばいい。本製品とハンドストラップを組み合わせると、カメラの露出を最小限に抑えられるだろう。


ハンドストラップを装着したライカを、速やかに取り出して撮影する。このカメラバッグにはそんな撮影スタイルが似合いそうだ。ストリートスナップやフォトウォークに便利だろう。


筆者は普段、カメラを2台持ちすることが多い。ここでは2台のライカに標準レンズと35ミリレンズを付け、収納してみた。インナークッションの見た目はずいぶんとコンパクトだが、レンズ付きのライカ2台を問題なく収納できた。個人的には一方にネックストラップ、もう一方にハンドストラップを付けたスタイルがお薦めだ。通常は首から提げたネックストラップ付きのライカで撮影し、必要に応じてハンドストラップ付きのライカをバッグから取り出す。そんな使い方がこのカメラバッグには似合いそうだ。


質の良いホースハイドレザーを使用。写真で見るよりも遥かに柔らかい。カメラバッグだけでなく、普段使いのバッグとしても使いやすいだろう。


コットンタイプのカーキは、光の当たり方で複雑な光沢感を見せる。それがカーキというアースカラーでありながら、どこか都会的な雰囲気を醸し出す。存在感のあるコットンだ。


最後にマテリアルについて触れておこう。レザータイプはホースハイドを使用。光沢があるので硬そうに見えるが、実物は驚くほど柔らかい。馬革は得てして柔らかいとは言え、このしなやかな手触りは特筆に値する。コットンタイプはカーキ、ブラック、ホワイトの3色を用意しており、今回はカーキを借りることができた。写真だとわかりづらいかもしれないが、バーバリーのコートみたいに玉虫色の微光沢がある。どちらも実物を手にしたとき、その質の良さに大きなサプライズを感じるだろう。所有するよろこびに満ちたカメラバッグだ。

Photographer’s Bag to carry your Dream

DOUBLE O DESIGNBOOK