Jay Tsujimura Hot Shoe Cover for Sony
α7IIIを彩るカメラジュエリー

Jay Tsujimura New Floral and Eagle Feather Hot Shoe Cover for Sony 写真・テキスト=澤村 徹

 

JAY TSUJIMURAのシルバー925製カメラアクセサリーが、ついにソニーのデジタルカメラに対応した。同ブランドはシルバー製のシューカバーやソフトレリーズボタンを得意とする。その多くはライカ用で、世界中のライカユーザーからオーダーが入る人気っぷりだ。日本国内のみならず、海外での評価が高いシルバージュエリーブランドである。

同ブランドのカメラアクセサリーは主にライカ向けだが、ライカ以外のカメラにも装着可能である。ただし、ホットシューやレリーズボタンの形状は、機種によって思いの外ちがいがある。やはり正式対応したものを装着したいものだ。今回JAY TSUJIMURAは、ソニーα7IIIをターゲットに4種のシューカバーをリリースした。ライカ用で人気の高い、New Floral、Sakura、Eagle Feather、Lizardの4タイプをα7III向けに作り直した製品だ。

 

ニューフローラルは最初期のフローラルの改良版だ。JAY TSUJIMURAのカメラジュエリーを代表する意匠である。

 

イーグルフェザーは鳥の羽をモチーフにしている。後方にツンとせり出したデザインがたまらない。

 

JAY TSUJIMURAのシューカバーは、平坦な模様ではなく、立体を成している。波打つように隆起し、後方へ大きく跳ね上がる。そこに強いアイデンティティーが宿ることは、誰の目にも明らかだろう。フラットなシューカバーと一線を画し、ホットシューから溢れるほどの生命力に満ちている。

 

リザードプレミアムはリザードレザーの柄を再現している。緻密なディテールのシューカバーだ。

 

サクラは海外で人気の高いデザインだ。日本らしさを象徴するような佇まいだ。

 

対応機種についてだが、手持ちのα7IIIとα7IIに問題なく装着できた。α7RIIIやα9もホットシューは同形状なので、これらにも装着できるだろう。試しにα7Sに取り付けてみたところ、やや緩い装着感だった。底面にパーセルテープを貼ってジャストぐらいの感じだ。初期のα7シリーズはホットシューの形状が現行機と異なる。対応機種の目安としては、α7II以降の機種といったところだろう。

 

4タイプのシューカバーを並べてみた。これらの登場を心待ちにソニーユーザーも少なくないだろう。

 

趣味性の高いライカに対し、ソニーα7系は実用性重視のデジタルカメラだ。無骨な上に操作ボタンも多く、お世辞にもスタイリッシュとは言い難い。そうした機種にも関わらず、JAY TSUJIMURAのシューカバーひとつで強烈な色香が立ち昇る。この存在感に言葉はいらない。ひと目見ればわかる。JAY TSUJIMURAのカメラジュエリーが世界中のカメラフリークに愛されている理由が伝わってくる。

 

JAY TSUJIMURA New Floral Hot Shoe Cover for Sony

JAY TSUJIMURA Eagle Feather Hot Shoe Cover for Sony

JAY TSUJIMURA Sakura Hot Shoe Cover for Sony

JAY TSUJIMURA Lizard Hot Shoe Cover – Premium – for Sony


Related Posts

F-Foto Custom Word Shoecover <br>シューカバーでその名を刻む

F-Foto Custom Word Shoecover
シューカバーでその名を刻む

  カメラドレスアップは、端的に言うとカメラのパーソナライズだ。量産タイプの工業 […]

Torii Koubou α7III Ever-ready Case <br>システムアップするカメラケース

Torii Koubou α7III Ever-ready Case
システムアップするカメラケース

  鳥井工房のレザーケースは、デザイン性と仕上げの良さで人気を博している。その一 […]