Recent Posts

Kinoshita Optical Kistar 85mm F1.4 <br>クビレという名の美学

Kinoshita Optical Kistar 85mm F1.4
クビレという名の美学

  クビレは美しい。女性の曲線美の話ではない。レンズのことだ。大原則、レンズの鏡 […]

The Von Overgaard Gallery E39 Brass <br>真鍮スリットフードに精度は必要か

The Von Overgaard Gallery E39 Brass
真鍮スリットフードに精度は必要か

  三つ穴スリットフードはアイコニックなカメラアクセサリーだ。ライカに代表される […]

Lumière Camera 06 COPPER <br>あえてカッパーと名乗る理由

Lumière Camera 06 COPPER
あえてカッパーと名乗る理由

  ルミエールから丸紐ストラップの新色、「06 COPPER」と「07 OLIV […]

Lumière camera M240 aging custom <br>真鍮LOVEが止らない

Lumière camera M240 aging custom
真鍮LOVEが止らない

  ブラックペイントのエッジから、真鍮の鈍い光沢が顔を見せる。長い年月を経たカメ […]

F-Foto Custom Word Shoecover <br>シューカバーでその名を刻む

F-Foto Custom Word Shoecover
シューカバーでその名を刻む

  カメラドレスアップは、端的に言うとカメラのパーソナライズだ。量産タイプの工業 […]

Nocto Argus C3 Mount Adapter <br>アーガスの銘玉をライカで堪能

Nocto Argus C3 Mount Adapter
アーガスの銘玉をライカで堪能

  アーガスC3というカメラをご存知だろうか。海外ではレンガ(Brick)、日本 […]

G Biogon T* 21mmF2.8 <br>周辺像の流れを光学補正する

G Biogon T* 21mmF2.8
周辺像の流れを光学補正する

レンジファインダー機の超広角レンズは、フルサイズミラーレス機にとって鬼門だ。α7シリーズに […]

GIZMON Utulens<br>オートフォーカス「写ルンです」を夢見て

GIZMON Utulens
オートフォーカス「写ルンです」を夢見て

  富士フイルム「写ルンです」のレンズはちょっとしたレジェンドだ。プラスチック製 […]

Monarch VII BOA<br>強靱な極太パラコードストラップ

Monarch VII BOA
強靱な極太パラコードストラップ

  昨今、ロープタイプのカメラストラップが人気だ。その亜種としてパラコードの編み […]

ARTISAN&ARTIST* LMB-MC<br>ライトベージュレザーの魔法

ARTISAN&ARTIST* LMB-MC
ライトベージュレザーの魔法

アルティザン・アンド・アーティストのLMB-MCは、同社とぼくのコラボレーションによって誕 […]


FEATURED POSTS

Kinoshita Optical Kistar 85mm F1.4 <br>クビレという名の美学

Kinoshita Optical Kistar 85mm F1.4
クビレという名の美学

Kinoshita Optical Research Institute Kistar 85mm F1.4 写真・テキスト=澤村 徹

 

クビレは美しい。女性の曲線美の話ではない。レンズのことだ。大原則、レンズの鏡胴は円筒形で事足りる。円形のガラス群を包み、ピントや絞りをリングで調整。同一口径の円筒形こそが最適化されたレンズの形状だ。

にもかかわらず、クビレのあるレンズが存在する。Elmarit-M 28mmF2.8の第1世代はその冴えたる例だ。レンズマニアであれば、MS OpticalのライカMマウント改造したG Biogon T* 28mmF2.8を候補に挙げることだろう。そうしたクビレのあるレンズに新たな1本が加わった。木下光学研究所のKistar 85mm F1.4がそれである。

 

ピントリングから絞りリングにかけ、鏡胴がテーパー状になっている。光を当てたときの陰影とグラデーションが美しい。

 

Kistar 85mm F1.4はピントリングの後端が傾斜を描き、ひとまわり小さい絞りリングへと連なる。このレンズはKCYマウントと呼ばれるヤシコン互換マウントを採用しており、マウントアダプターと組み合わせてデジタルカメラで使うことを想定したレンズだ。そのため、レンズ後端の口径をマウント径に揃える必然性はない。つまり、寸胴の鏡胴デザインでも機能的に問題はないはずだ。ではなぜクビレのある鏡胴デザインを採用したのか。このことを木下光学研究所の代表に質問してみた。答えは至ってシンプルだった。

「この方がかっこいいから」

そう、クビレのあるレンズはかっこいい。レンズ好きなら誰もが共有できる感覚だ。千の理由を重ねるよりも、このひと言でKsitar 85mm F1.4への熱い思いが伝わってくる。描写に自信があるからこそ、デザインにこだわりが生まれるのだ。

 

クビレのおかげで、レンズ後端とマウントアダプターがほぼ同口径となる。カメラに装着した際の見え方も含め、クビレのあるレンズはかっこいい。

 

福生界隈に木下光学研究所のR&Dセンターがある。Ksitar 85mm F1.4でお膝元の福生をスナップして歩いた。自然なシャープネスで、絞っても過度に硬くならない。それでいて、周辺部でもしっかりと解像し、画面上のどの位置でもピントが合う。Kistarレンズはオールドレンズテイストをコンセプトとして単焦点MFレンズだが、このKsitar 85mm F1.4はクセが控えめで扱いやすい。なお、本レンズによるポートレートが見たいなら、オフィシャルブログを参照しよう。

 

α7II + Kistar 85mm F1.4 絞り優先AE F2 1/1600秒 +0.7EV ISO100 AWB RAW

 

α7II + Kistar 85mm F1.4 絞り優先AE F1.4 1/2000秒 ISO100 AWB RAW

 

α7II + Kistar 85mm F1.4 絞り優先AE F4 1/200秒 ISO100 AWB RAW

 

α7II + Kistar 85mm F1.4 絞り優先AE F1.4 1/1250秒 ISO100 AWB RAW

 

Kinoshita Optical Research Institute Kistar 85mm F1.4