Chih-Ta Chen Brass of The Top Shutter Button
真鍮削り出しのライカM3リスペクト

Chih-Ta Chen Brass of The Top Shutter Button 写真・文=澤村 徹

 

ソフトレリーズボタンは二極化している。シンプルなものと、意匠を凝らしたものだ。カメラドレスアップという観点からすると、意匠を凝らしたソフトレリーズボタンが圧倒的におもしろい。しかし、カメラがゴテゴテするのはイヤだ、という意見もあるだろう。そこでシンプルなソフトレリーズボタンの出番となるわけだが、シンプルとチープは似て非なるもの。安いからシンプルなのではなく、シンプルを極めしものを選びたい。たとえば、Chih-Ta Chenの真鍮削り出しソフトレリーズボタンのように。

 

真鍮を削り出し、ライカM3のシャッタースピードダイヤル風に綾目のローレットを刻んでいる。厚さ4mmのタイプだ。

 

厚さ2mmのスリムタイプもラインアップしている。ちなみに、直径はともに12mmだ。

 

Chih-Ta Chenは台湾のブランドで、このソフトレリーズボタンが同社発のカメラアクセサリー製品となる。一見するとノーマルな真鍮製ソフトレリーズボタンだが、側面の綾目のローレットに注目してほしい。ライカM3のシャッターダイヤルをモチーフにしているのだ。デザインだけでなく面取りが実にていねいで、ローレットに触れても指先に刺さるような感覚はない。上面の窪みも滑らかな曲線を描き、指の腹が自然と納まる。ライカM10に装着したところ、低い位置に止まって操作フィーリングも上々だ。ちなみに、ライカM(タイプ240)とX-Pro1でも低い位置に装着できた。厚さ2mmと4mmの2タイプがあり、撮影スタイルや押し心地の好みで選ぶといいだろう。

 

シンプルな造形で、M型ライカの有り様をけっして損なわない。しかし、存在感のアピールも忘れない。そんなソフトレリーズボタンだ。

 

はじめてのこのソフトレリーズボタンを手にしたとき、画鋲を思い出していた。長らくこれを使い込むと、小学校の掲示板に忘れ去られた画鋲のように、渋い光沢を宿すのだろうか。真鍮のエイジングにも期待したい。

 

Chih-Ta Chen Brass of The Top Shutter Button


Related Posts

Light Lens Lab 35mm F2 <br>周八枚と呼ばれる8枚玉クローン

Light Lens Lab 35mm F2
周八枚と呼ばれる8枚玉クローン

  周八枚というレンズがライカユーザーの間で話題になっている。いわゆる8枚玉クロ […]

Torii koubou Leica M10 NEW Ever-ready case <br>話題のアレが付く実用強化バージョン

Torii koubou Leica M10 NEW Ever-ready case
話題のアレが付く実用強化バージョン

  鳥井工房から新型のライカM10エバレディケースが登場した。同社はすでにライカ […]