Non-Bland Contarex Adapter for LM-EA7
もうマウントアダプターはLM-EA7を無視できない

Non-Bland Contarex Mount Adapter + TECHART LM-EA7 + Planar 50mmmF2 写真・文=澤村 徹

 

知り合いからちょっとおもしろいマウントアダプターを譲ってもらった。ノンブランドのContarexマウントアダプターだ。ボディ側はライカMマウントになっている。知り合い曰く、eBayで2,000~3,000円だったそうだ。

筆者の知るかぎりでは、コンタレックスマウントアダプターはKIPONぐらいしか作っていない。コンタレックスはマウントアダプター側に絞りリングが必要なので、構造がややこしい。しかもマイナーマウントなので数が出ない。KIPON製のコンタレックスマウントアダプターもそれなりの値段がしたはずだ。

そうしたことを踏まえると、ノンブランドのコンタレックスマウントアダプターが発売されていることに驚きを隠せない。何かしらをコピーしているならまだしも、今回手に入れたマウントアダプターはKIPON製コンタレックスマウントアダプターとデザインが異なる。中国お得意の丸ごとコピーというわけではない。機構部分はさておき、外観については改めて設計デザインしたことになる。これを2,000円で売ってどれだけ儲かるのだろう。中国の生産力の底力を垣間見た気分だ。

安価なコンタレックスマウントアダプターというだけでも驚きだが、この製品はさらなる工夫が隠されていた。TECHART LM-EA7をサポートしているのだ。LM-EA7はライカMマウントレンズをAF動作させるマウントアダプターだ。マウントアダプターを二段重ねするればライカMマウント以外のレンズもAF動作する。そのためα7シリーズのユーザーにとってマストアイテムになっているほどだ。ただし、LM-EA7も万能ではない。LM-EA7は下部にモーターを内蔵しているため厚みがあり、マウントアダプターの二段重ねで干渉することが多々あるのだ。LM-EA7は後発の製品なので、これは止むなしだろう。

 

ノンブランドのContarexマウントアダプターは、無干渉でLM-EA7に装着できた。ボディ側マウントがライカMのマウントアダプターは、LM-EA7と干渉するものが少なくない。

 

外周部を見ると、あえて一部をえぐっているのがわかるだろう(ローレットの上段)。安価なマウントアダプターだが、ひと手間加えているところに驚かされる。

 

ところが、今回手に入れたコンタレックスマウントアダプターは、LM-EA7が干渉しないように外周部をえぐってある。たまたま無干渉だったというのではなく、明らかにLM-EA7のために外周部を最適化しているのだ。大手メーカー品ならいざ知らず、たった2,000円のマウントアダプターが特定製品に配慮するなど、普通ならば考えられないことだろう。中国製恐るべし。大変な時代になったものだ。

 

α7III + Planar 50mmF2 Contarex 絞り優先AE F2 1/60秒 -0.7EV ISO250 AWB RAW LM-EA7とノンブランドのコンタレックスマウントアダプターを二段重ねで使用した。問題なくAFで撮影できた。

 

α7III + Planar 50mmF2 Contarex 絞り優先AE F4 1/60秒 -0.7EV ISO125 AWB RAW レンガの隙間から生えた葉にピントを合わせる。曇天下でもコントラストの付き方がいい。

 

α7III + Planar 50mmF2 Contarex 絞り優先AE F2 1/60秒 -1.3EV ISO100 AWB RAW プラナーはボケが汚いという印象があるが、コンタレックスのプラナーは滑らかなボケ方だ。

 


Related Posts

SHOTEN SE-NZ <br>ヘリアーハイパーワイドをニコンZで使う

SHOTEN SE-NZ
ヘリアーハイパーワイドをニコンZで使う

  SHOTENブランドから素のソニーE-ニコンZマウントアダプターが出た。これ […]

SONY A7III with Old Lens <br>オールドレンズに最新機はいらない、と誰が言った?

SONY A7III with Old Lens
オールドレンズに最新機はいらない、と誰が言った?

  オールドレンズは言わずもがな、数十年前のレンズだ。現在のレンズと比べて解像力 […]